赤松魁 日々の綴り

まだまだ未熟な営業マンである赤松魁が日々の学びを綴るブログです。社会人なりたてのあなたに学びを提供。元公立・私立高校教員 ラグビーワールドカップ2019ジョージア代表帯同リエゾンだったので教育とラグビーについても綴ります。

Teach for Japan創設者の松田さんのセミナー「グローバル教育の誤解を解く。」参加しての学び。

子どもには夢や志がない。それらを見つけられる方法を教えます。

 

 

みなさんこんにちは!兵庫県の高校で英語教員をしているレゴと申します!

 

先日はオンラインでTeach for Japan創設者の松田悠介さんから「グローバル教育の誤解を解く。」をテーマに話を聞きました。

f:id:kyamao0323:20190211234939p:image

 

そのセミナーで松田さんが夢・志を見つける方法を話していたので、ここでシェアしたいと思います。

 

 

正直、夢・志は簡単に見つけられるものではない。

 

厳しく聞こえてしまいますが、現実はそうだなと聞いていても思いました。

 

僕自身は今、「夢や目標が見えていない人に、夢のカケラを提供して、世に羽ばたかせる。」という哲学や、将来的に成し遂げたい「異なる文化によって生まれる壁を壊す。」と言うビジョンがあります。

 

ですがこれは、中高時代の挫折から大学・社会人の経験で克服、成長できた経験から考え、言語化することができました。

 

自分が夢・志を見つけられた方法は松田さんがセミナーで話していたことと一緒だなと感じました。

 

 

まず仮説を持ってみて、行動で検証する。その仮説検証を繰り返す。その結果ビジョンなどが見えてくる。

 

 

自分は、大学に入る前、「外大生として恥じない英語力を身に着ける。」という目標(仮説)を持って勉強面では大学生活を送りました。

 

その目標に向かい、部活後眠たい日もありましたが図書館にこもったり、友達の家で一緒に勉強などをしてしました。

 

その結果、大学ではプロモーションビデオにでれたり、高校生1000人の前でスピーチをするまでに成長できたという結果を得ることができました。

 

自分はもともと英語がまったくできなかったし、目標がないような無気力な生徒。

 

ですが大学時代の成長から、自分と同じような人が、僕に関わったり、自分が提供していきたいサービスなどをきっかけに変わってもらえたらなと思えるようになりました。

 

 

みなさんも、夢・志が見えない、子供に持ってほしいと思っているなら

 

それらを見つけるために、自分がどうなりたいのか、そのなりたい像に向かってどのような行動をする必要があるのかを考え、

 

実際に行動して、失敗や成功を積み重ねていって欲しいと思っています。

 

みなさんが夢。志を見つけるために少しでも学びがあったら嬉しいです。

 

 

p.s

教育、特に英語教育に興味のある人ぜひ意見交換をしたいです!

 

Facebook、Twitterフォロー、ブログコメントなどで連絡待ってます!

www.facebook.com

https://twitter.com/

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

レゴ

語学・留学エージェントや英語情報なら「ワンカレッジ」